【本日のニュース】2022/07/17/日 

Alexandra_KochによるPixabayからの画像

 WHO(世界保健機関)は14日、アフリカで動物からヒトへ、ヒトから動物へと伝播が可能な「人獣共通感染症」の流行の数が2012年からの10年間で前の10年間と比べ、63%増加したと発表。とくに交通網が整備され都市部でも感染しやすいとする。

関連記事→

WHOテドロス事務局長 「黒人の命と白人の命について、世界は本当に同じだけの関心をもっているのか疑わしい」 世界では今、どのような紛争が起きているのか