アメリカ アルカイダの指導者・ザワヒリ容疑者を無人機で殺害 もはや”暗殺”行為 無人機とは それはオバマ大統領の罪

Amber ClayによるPixabayからの画像

 

 アメリカのバイデン大統領は7月31日、国際テロ組織アルカイダの今の指導者であるアイマン・ザワヒリ容疑者を、アフガニスタンで殺害したと発表。

 ザワヒリ氏は71歳で、エジプト出身の元医師1。地元のイスラム過激派組織を率いて、1990年代の後半にオサマ・ビンラディン容疑者を指導者とするアルカイダに加わる。

 主に資金を管理したり活動の基本理念を構築するなどし、1990年代の後半にはビンラディン氏が最も信頼する側近の1人となり、アルカイダでもナンバー2の地位を固めた2

 2001年9月11日に起きたアメリカ同時多発テロ事件のあと、アメリカ軍などによるアフガニスタン攻撃は開始されると、ザワヒリ氏は隣国のパキスタンとの国境地帯に逃れたとみなれる。

 2011年5月にパキスタンでビンラディン氏がアメリカ軍の作戦により殺害されたあと、ザワヒリ氏は後継者としてアルカイダの最高指導者に。

 指導者となったあともアメリカへの攻撃を呼び掛ける一方、その動向が伝えられることはほとんどなく、死亡説もたびたび流れた。

関連記事→

【本日のニュース】2022/08/02/火

ザワヒリ容疑者とアルカイダ、タリバンとの関係 アメリカ「タリバンはドーハ協定に違反した」

 アルカイダとは、ビンラディン氏が率いていた国際テロ組織。1988年に結成され、96年に当時のタリバンが勢力を拡大していたアフガニスタンで本格的に拠点を移し、メンバーへの軍事訓練を行なっていた。

 一方、タリバンはザワヒリ氏が率いるアルカイダと密接なつながりを保持していたと見られる。武器の提供や軍事訓練などで、タリバンとアルカイダ日常的に連携していたとされる。

 ザワヒリ氏殺害に関する報道では、アフガニスタンを再び統治するタリバンの幹部の家で、ザワヒリ氏が殺害されたと見られる。