【ミュージックレビュー】星野源「喜劇」

Josep Monter MartinezによるPixabayからの画像

 

「さあ、うち帰ろうか、今日は何を食べようか」。

 待ち遠しいコロナ禍の収束に、こんなセリフが言えにくい、ロックダウンに、戦禍に苦しむ人々に。

 苦しみはあるのだけど、誰もがちょっとした「喜劇」の主人公であり、その共演者。

関連記事→

【ミュージックレビュー】LE SSERAFIM「FEARLESS」