【本日のニュース】2022/09/17/土

RÜŞTÜ BOZKUŞによるPixabayからの画像

 6月下旬~7上旬の記録的な猛暑は、地球温暖化の影響がない場合に比べ約240倍も起こりやすくなっていたとの分析結果を気象庁気象研究所などのチームがまとめた。これは温暖化がなければ、1200年に1度しか起こり得ない現象であることを意味する。

関連記事→

世界各地で異常気象が観測 欧州、過去500年で最悪の干ばつ パキスタン、洪水で国土の3分の1が水没 気候変動の一因のひとつ、「極端現象」の現れか

【本日のニュース】2022/09/07/水