【モリの社会派つぶやき日記】2021/04/23/金

OpenClipart-VectorsによるPixabayからの画像 

 Adoの「うっせぇわ」の楽曲が波紋広げている。気になるのは、若者がどのような意図で言葉を使うかだ。親の影響か、コミュニティ内での同調圧力か。いずれにしろ、個性なき集団教育の結果だ。まず個性を尊重し、そして集団が成り立つのだ。