ディズニーVSフロリダ州知事 思想対立が激化 「ゲイと言ってはいけない」法案 デサンティス州知事とは? ミニ・トランプ 2024年大統領選候補者としても注目 

Rudy and Peter SkitteriansによるPixabayからの画像

 

 アメリカで”思想対立”が激しさを増し、各企業も対応に苦悩している。LGBTQなど性的少数者に関するフロリダ州の政策を批判したディズニー社に対し、州知事は「報復」措置に出た。

 他方、保守とリベラルの分断が深まるなか、企業が

「沈黙は金」

1 

を貫くことも、経営リスクとなってきた。

「挑発と見なし、反撃する」

2 

 フロリダ州のデサンティス知事は4月、ディズニーへの優遇税制を含む特区の制度を廃止する法案に署名。この制度は1960年代に定められた、テーマパーク建設のための源流だった。

 デサンティス州知事は、共和党の保守派であり、トランプ前大統領とも近いことで知られる。ディズニーとの確執は、LGBTQの話題を小学校の授業で取り扱うのを規制する、

「ゲイと言ってはいけない法」

と呼ばれる州法が発端となった。それに対し、州法成立時、ディズニーは、

「署名されるべきではなかった」

3 

とする。ただ、当初、ディズニーは態度を明らかとはせず。

「政治との間合いを取って、水面下で懸念を伝えるのが望ましい」

4 

と考えたとされる。しかし会社側が声を上げないことに対しての従業員の不満がSNSで拡散、方針転換を余儀なくされた。

関連記事→

ハリケーン「イアン」フロリダ州に上陸 アメリカでは2005年「カトリーナ」以来の被害 バイデン大統領、”政敵”知事と一時休戦 

「ゲイとは言ってはいけない」法案


 今年1月、フロリダ州において、子どもたちが学校で性的指向や性自認、LGBTQに関する議論をすることを禁止する法案が可決された。