【ミュージックレビュー】「Habit」SEKAI NO OWARI

Raphael SilvaによるPixabayからの画像

 このうような秀悦な楽曲が所詮はTikTokごときに安易に消費され垂れ流されること自体に、何事も区別したがる現代人の現れ。

 音楽が消費され、飽きられるミュージシャンの数が加速していく。