サッカーW杯目前! って浮かれている場合か? 物議も醸した招致 オリンピックと同様、腐敗するFIFA

SeppによるPixabayからの画像

 サッカー・W杯カタール大会を目前に控え、お祭り騒ぎに水を差す事態が起こり始めている。FIFA(国際サッカー連盟)が大会の出場チームに書簡を送り、「サッカーに集中して」と呼びかける事態に。

 書簡には、「どうか今はサッカーに集中しよう」と促すとともに、

「われわれにはサッカーが独立して存在していないことを分かっており、それと同時に世界中において政治的性質による多くの課題や困難があることも承知している」

「しかしサッカーがあらゆるイデオロギーや現在起きている政治的紛争に引き込まれないようにしてもらいたい」

と書かれてあった。

 一方、国際人権団体「アムネスティ・インターナショナル」からは厳しい声が上がる。カタールが外国人労働者への扱いや、LGBTQ(性的少数者)、女性の権利において非常に問題視されているからだ。

 このような声を受け、ヨーロッパでは開幕を前にパブリックビューイング(PV)を実施しないと宣言する都市が相次いでいる。

 実際、1次リーグの第3戦で日本と対戦するスペインでは10月28日、第2の都市バルセロナの市長がPVを実施しないとした。

 ほか、フランスのパリやマルセイユ、ストラスブール、リヨンでもPVの「ボイコット」が決定、ドイツでもケルンなどで中止の動きがある。

関連記事→

【本日のニュース】2022/04/07/木

カタールとは? 日本を上回る一人当たりGDP


 カタールはアラビア半島の東に位置し、ペルシャ湾に突き出たカタール半島にある首長国。半島の付け根でサウジアラビアと接す。国土は砂漠に覆われ、全土が海抜100m以下の標高。