【本日のニュース】2022/11/26/土

fernando zhiminaicelaによるPixabayからの画像

 感染症法で危険度が2番目に高い「2類」に位置づけられる新型コロナウイルスについて、厚労省は年内にも季節性インフルエンザとい同じ5類への引き下げも視野に検討に入った。5類に変更されれば、治療薬や診療に関わる費用に、自己負担が発生する。

関連記事→

新型コロナ 第8波へ 新変異株 インフルエンザと同時流行の可能性 一方、感染死”納体袋”取りやめる動きも 「遺体からの感染の可能性低い」