【本日のニュース】2022/08/31/水

Clker-Free-Vector-ImagesによるPixabayからの画像

 厚生労働省は31日、新型コロナワクチンの接種を行う医師や看護職員を確保できない場合の特例的な打ち手に、診療放射技師と臨床工学技士を追加。これまでワクチンの打ち手は医師と看護職員、特例的に、歯科医や臨床検査技師、救急救命士が追加された。

関連記事→

オミクロン対応新ワクチン すべての住民対象へ 10月にもスタート 世界でも 一方、日本政府はモデルナのワクチン工場を日本へ誘致

新型コロナウイルスワクチンは4回目接種へ 対象者は? 効果は?

5~11歳の子どもへも新型コロナウイルスワクチン接種へ