どうなる、岸田首相の行く末は? 退陣? 早くても年内まで?  「検討使」の裏で着々と右翼政策は実行  自民、国民民主と連立?

StephanによるPixabayからの画像

 岸田内閣の支持率は、11月になっても低落傾向に歯止めがかからないでいる。11月中の報道機関9社、および「選挙ドットコム」による世論調査の比較によると、岸田内閣の支持率は前月である10月から引き続き低下が目立つ1

  全体としては、約36.1%から33.1%へ低下。個別の調査をみると、10月の調査から支持率がもっとも上昇したのは、毎日新聞・社会調査研究センターの調査。10月22~23日の調査より4.0ポイント上昇の31.0%。

  内閣不支持率は、対照的に10月の調査から上昇。全体として約48.0%から51.0%まで上昇。8月から4カ月連続で、不支持率は内閣発足以来、最高を更新するとともに、今回、不支持率がはじめて5割を上回る形となった。

  支持率が低下の理由は、やはりというべきか、”辞任ドミノ”だ。共同通信による

「(前略)岸田文雄首相が3人の閣僚を更迭したタイミングをどう考えますか」

2 

では、「適切だった」という回答が26.0%であったことに対し、「遅すぎた」が62.4%。

関連記事→

防衛費増額 有識者会議にメディア関係者  法人税増税盛り込まず 自民党とマスコミ

退陣? 辞任ドミノが止まらない 首相もお疲れモード 早くても年内まで?

 

 内閣人気が低い理由として、1カ月で3人もの閣僚が辞めるという「辞任ドミノ」が背景にあることが、疑いようがない。辞任ドミノが起きる理由は、退陣した3人の閣僚が”揃って”岸田首相の「お友達」であるからだ。