【モリの社会派つぶやき日記】2021/05/23/日

S. Hermann & F. RichterによるPixabayからの画像

 G7の気候・環境相会合において、石炭火力の全廃を日本だけが反対している可能性がある。ほかの国が、「脱石炭」へ向けて踏み出す方向性を示した一方、日本は効率化と海外への輸出も支援するという。もはや日本は、G7の資格もないのだ。