【モリの社会派つぶやき日記】2021/08/30/月

PexelsによるPixabayからの画像 

 米国防省は、アフガニスタンでのISへの報復作戦に対し、「忍者爆弾」とも称される爆薬を搭載しない特殊なミサイルを使用した可能性がある。これは爆薬でなはく、6枚のブレード(刃)が着弾寸前に放射状に飛び散り、標的を切り刻むという。