【モリの社会派つぶやき日記】2021/10/29/金

Julius SilverによるPixabayからの画像

 原子力規制委は、小笠原諸島の海底火山噴火で生じたとみられる大量の軽石が原発に漂着した場合、原子炉の冷却で用いる海水の取水設備に影響が出るとして、注意喚起を行った。とくに川内原発や浜岡原発に被害が出る可能性を注視しているという。