【本日のニュース】2022/06/03/金

Sergio CarabajalによるPixabayからの画像

 WHO(世界保健機関)は30日、感染拡大を招いているサル痘について、LGBTQ+の権利を訴える夏の「プライド」パレ―ドの参加を控える理由には当たらないとの見解を示す。サル痘は男性の同性愛者にとくに影響が出ているものの、誰にでも感染はする。

関連記事→

世界で「サル痘」が拡大 原因不明の子どもの小児肝炎も 21世紀は感染症の時代へ