【本日のニュース】2022/09/13/火

ar130405によるPixabayからの画像

 米ハーバード大学医学部の研究チームによると、1990年代以降、50歳未満で発症する早期のがんが世界的に増えているという。早期のがん検診による発見の影響もあるものの、食事や生活習慣、体重、環境暴露、マイクロバイオクロームなどの影響も。