北海道の福祉施設で障害者の結婚 不妊処置条件 拒否なら退所求める 日本の障害者施策は世界から批判 「あなたのことを思って」 残るパターナリスティック信仰

北海道江差町の社会福祉法人「あすなろ福祉会」(樋口英俊理事長)が運営するグループで、知的障害があるカップルらが結婚や同棲を希望する際、男性はパイプカット手術、女性は避妊リングを装着する不妊処置を、20年以上前から条件化。
8組16人が応じていたことがわかった。

【独自】福岡県久留米市最大の障害者福祉サービス「TANOSHIKA」嘉村裕太と「あいず訪問看護ステーション久留米」の北島由貴が公私混同のうえ結託 精神障害者を虐待し、自殺未遂に追い込む

福岡県久留米市最大の障害者福祉サービス「TANOSHIKA」の代表嘉村裕太とあいず訪問看護ステェーション久留米北島由貴が公私混同のうえ結託し、精神障害者を自殺未遂に追い込んだ事例があった。

【本日のニュース】2022/10/30/日 

森喜朗元首相が29日、金沢医科大学の創立50周年を記念する式典で、自分がつえを使用していることについて、「つえをついていると身体障がい者に見えて、みんなが大事にしてくれる」と発言していたことがわかった。