【モリの社会派つぶやき日記】2021/11/27/土

Gordon JohnsonによるPixabayからの画像

 米オハイオ連邦裁判所は、鎮痛剤オピオイドの中毒者が増加する状況を悪化させたとして、米国内の3大薬局チェーンの法的責任を認めた。米国ではここ20年間でオピオイドの過剰摂取で50万人近くが死亡し、州に多くの財政負担をさせたとした。