【モリの社会派つぶやき日記】2021/06/18/金

David MarkによるPixabayからの画像 

 五輪の歴史において、一度、危機が訪れたのは、1984年のロサンゼルス五輪である。しかし、それを救ったのは、商業化であり、主導したのは、電通であった。であるならば、巨大化し腐敗化した五輪を終わらせる国は、まさに日本であるのだ。