自民党と統一教会 点と線とを結ぶもの 岸信介 昭和の妖怪 児玉誉士夫 戦後最大のフィクサー 笹川良一 日本財団の創始者 CIA 日本を反共の砦として

Tumisu, please consider ☕ Thank you! 🤗によるPixabayからの画像

 安倍晋三元首相が銃撃され死亡した事件を機に、あらためて自民党と旧統一教会(世界平和統一家庭連合)との関係がクローズアップされてきた。

 自民党は、

 党として組織的な関係がないことは確認している。

茂木敏充幹事長、時事ドットコムニュース、1

とはいうものの、その関係は、歴史的、学術的、対外的にも明らかだ。

 旧統一教会は1968年、”反共産主義”を掲げる政治団体「国際勝共連合」を創設。当時から、安倍元首相の祖父である岸信介元首相ら、自民党右派との結びつきが強かった。

 そのため、憲法改正や同性婚への反対など、自民党右派の政治的な思想は、「国際勝共連合」の政治的理念とぴたりと一致する。

 しかしながら、メディアの報道では、「誰が」、「どのような目的」のために自民党と統一教会とを結びつけたのかという視点が、欠落。

 この一連の問題の主人公は、”都市伝説”さながらに、3人の人物と一つの組織、岸信介と児玉誉士夫、笹川良一、そしてCIAだ。彼らこそが、統一教会を潤滑油に、日本の戦後政治を形作った。

 よく、太平洋戦争を指して、日本の「戦争責任」が取り沙汰される。しかし実際は、日本の「戦後責任」の方がより重いのだ。

関連記事→

ファクト・チェック 「統一教会と安倍元首相とは深いつながり→誤り」 正解は、「統一教会は、国際勝共連合を通じ、自民党の保守系政治家と強いつながり」 統一教会とは? 国際勝共連合とは?

岸信介 昭和の妖怪


 岸信介は第56代・57代の内閣総理大臣。実弟は、佐藤栄作、長女の洋子は安倍晋太郎の妻。洋子の次男は、安倍晋三、三男は岸田内閣の防衛大臣である岸信夫。

 その岸信介は、「昭和の妖怪」として名を馳せた。

 戦時中は、満州でアヘンの密売により莫大な利益を上げた2。戦後、釈放されると同時に、CIAの援助を受け、首相の座に座る。