【モリの社会派つぶやき日記】2021/08/01/日

WokandapixによるPixabayからの画像 

 全米の知事や市長、上下院議員、地方議員、選挙で選ばれる公務員など約50万人の公職者うち、ここ4年間でLGBTQとして認知される人の割合が2倍に上った。ただ、そのうち民主党出身者が73.1%で、共和党は2.6%程度であった。