アカデミー賞(2022)ノミネーション発表 ネットフリックス作品初めての作品賞なるか? そして「ドライブ・マイ・カー」のゆくえは?

Jan AlexanderによるPixabayからの画像

 2月8日、第94回アカデミー賞(映画芸術科学アカデミー主催)のノミネート作が発表された。

 とくに今回は、濱口竜介監督の「ドライブ・マイ・カー」が日本映画として史上初の作品賞にノミネートされたことをはじめ、多様性・多国籍・バラエティに富んだ候補作品が並んだ。

 投票では、史上最多の会員が投票したことが明らかに。投票権を持つアカデミー会員は世界に9487人。年々、外国人会員の割合も増えていっていることから、今年82カ国から投票用紙が送付されてきたという。

 最多11部門12ノミネートを獲得したのは、Netflix作品「パワー・オブ・ザ・ドッグ」。監督を務めるのは女性として初めての監督賞2度のノミネートとなった、ジェーン・カンピオン。

 1994年の「ピアノ・レッスン」以来、28年ぶりのノミネートとなった。しかし、これまでNetflixが作品賞を受賞したことはなく、初の受賞を狙う。

 同作品には、アリ・ウェグナーも撮影賞にノミネートされており、史上初の同部門の女性受賞の可能性もある。

 「ウエスト・サイド・ストーリー」も7部門も健闘。スティーブン・スピルバーグは1998年ぶり3回目の監督賞ノミネートを果たした。

 演技部門には、キルスティン・ダンストとジェシー・プレモンス、ペネロペ・クルスとバビエル・バルデムがノミネートされ、1年に2組の実際のカプルが4部門全てをカバー。ケネス・ブラナーは、史上初の通算7部門のノミネートとなった。

 司会者には、レジーナ・ホール、エイミー・シューマー、ワンダ・サイクスの3名が名を連ねた。司会者が正式に起用されるのは4年ぶりのこと。

 授賞式は、日本時間3月28日だ。

目次

  • 作品賞
  • 監督賞
  • 主演男優賞
  • 主演女優賞
  • 助演女優賞
  • 助演男優賞
  • その他の賞

関連記事

「おくりびと」(08年)以来のアカデミー賞へ王手をかける「ドライブ・マイ・カー」の凄さとは? ~1~

 「おくりびと」(08年)以来のアカデミー賞へ王手をかける「ドライブ・マイ・カー」の凄さとは? ~2~

作品賞

 近年稀にみるバラエティに富んだラインナップ。作品賞にノミネートされる本数は、前年まで「5~10」本でおおむね8本前後で推移していたが、今年から10本に固定された。

 ノミネートされたのは、俳優・監督・舞台演出家として活躍するケネス・ブラナーの自伝的作品「ベルファスト」。

 2014年製作のフランス映画「エール!」のリメイクであり、家族の中でただ1人の健聴者である少女を描く「コーダ あいのうた」。

 大本命のネットフリックス作品「パワー・オブ・ザ・ドッグ」。