【本日のニュース】2023/01/24/火

Dimitris VetsikasによるPixabayからの画像

 ウクライナ非常事態庁の幹部が23日、JICA(国際協力機構)の本部を訪れ、「港周辺や農地を含む国土の約3割に当たる約17万4千平方キロに地雷や不発弾が残っている」と述べた。除去には今後、数十年かかる見通しを示し、日本に技術支援を求めた。

関連記事→

ウクライナで今、何が起こっているのか クリミア大橋の爆発 ロシア、大規模なミサイル攻撃で報復 懸念されるウクライナの「シリア化」