【有料記事】ゴッホ「ひまわり」トマトスープ事件と地球温暖化懐疑論者 どちらがより暴力的か、冷静に考えよう

PrawnyによるPixabayからの画像

 昨年10月、イギリス・ロンドンのナショナル・ギャラリーに展示されているゴッホの名作「ひまわり」に2人の若者が近づき、作品にトマトスープをかけ、自らの手を接着剤で壁に貼り付けるという事件がおきた。

  この事件は日本でも大きく報道。120億円以上もするゴッホの代表作を傷付けるような行為に批判が集まり、

 「エコテロリズム」

などと呼ぶ批判の嵐が巻き起こった。しかし、当のイギリスでは受け止め方が日本と異なっているようだ。英国では、66%もの人が今回の行動に理解を示している1

  そもそもの問題は、今までのやり方では、まったくもって不十分であったこと。彼ら環境活動家の熱心な活動にもかかわらず、気候変動対策は一向に進まない。

  そればかりか、時が立つにつれて二酸化炭素を排出”する”側が、将来の地球への影響を認識しながら、なんら対策をしていなかったことが明らかとなった。

  さらに国連の気候変動に関する政府間パネル(IPCC)が、「人間の影響が大気、海洋及び陸域を温暖化させてきたことには”疑う余地がない”」と繰り返し述べているのにもかかわらず、日本ではいまだ地球温暖化懐疑論が跋扈する有様だ。

  それでは、彼ら地球温暖化懐疑論者はどのような”暴力的”言説を垂れ流してきたのだろうか。

気候正義とは

 

 「気候正義」という言葉がある。この考えは、気候変動の問題に取り組む際に、最も被害を受けてきた人たちに適切な補償や賠償を行いつつ、彼らが更なる不利益を被らないよう対策を行おうとするものだ。