メジャーリーグ エンゼルス・大谷翔平選手のトレード問題で考える 誰のためにトレードがあるのか 問題はフリーエージェントでも 問われる選手の権利意識

大谷翔平のトレードの可能性が2日をもって、事実上消滅した。MLBネットワークのジョン・モロシ記者は、エンゼルスにトレード交渉を持ちかけている球団は存在するというものの、エンゼルス側はトレードさせる考えはないという。

【本日のニュース】2022/04/07/木

国際人権団体アムネスティは6日、2022年サッカーW杯大会の開催国であるカタールで、警備員が「強制労働」の状態を強いられ、1日の休みもないまま、数カ月、ときには数年にわたり働かされていると指摘、調査を行うように求めた。