どうなる11月の福岡市長選挙 ”アベ友”高島市長の運命は? G7招致失敗 都市再開発の直下で“日本一危ない活断層“が蠢く

Txema LopezによるPixabayからの画像

 11月20日投開票の福岡市長選まで、2ヶ月。関係者はさぞや、ざわついているだろう。

 現職の高島宗一郎氏(47)は、4選の出馬が固いとみられる反面、さまざまな憶測も。高島氏が出馬への態度の表明を10月まで先延ばしたことを受け、

「実は不出馬で、既に後継を指名している」。県内の政界情報を取り扱うネットメディアは今月、「うわさ」と称し、こんな記事を相次いで配信した。
 
記事中、後継と指摘された人物は西日本新聞の取材に「そのような事実はない」と否定。市長周辺も一笑に付した上で「市長を追い出したい勢力が流しているだけでは」

1

 高島氏が”アベ友“であったことを受け、安倍晋三氏の死去にともなう来年4月の予定の衆院山口4区補欠選挙の候補者に名前が挙がることも。

 高島氏は、10月7日の福岡市議会決算特別委員会最終日以降に、「進退を決断する」としている。

 市長選は11月6日に告示。今のところ市議の田中慎介氏(44)=立憲民主党、会社員の熊丸英治氏(52)がいずれも無所属で立候補する意向。

関連記事→

混迷する福岡県第3の都市・久留米市長選のゆくえ 保守分裂 5年連続の水害 求められる”公共性”の創出

4月11日は福岡県知事選挙。ところで、知事の役割って何? 実は6割近くが官僚出身者

アベ友 アベノミクスの申し子 「福岡から自民ののろしを上げる」

 ここ10年の福岡市ほど、安倍・自民党政権下の知世を体現した自治体はないだろう。それほど、高島市長と安倍晋三元首相との関係は深かった。

 高島氏が初当選した2010年当時、自民党は野党。高島陣営を仕切ったのは、福岡に選挙区をもつ麻生太郎氏。麻生氏は選挙前、安倍氏を呼び出し、政治経験ゼロの当時36歳の高島氏を指し、こう予言したという。

 「福岡から自民ののろしを上げる」

2