【本日のニュース】2022/07/06/水

Alexandra_KochによるPixabayからの画像

 WHO(世界保健機関)は5日、サル痘について6月末までに5322件の感染の報告があったとしたと明らかに。うち、85%がヨーロッパでの感染例であった。22日時点では3413件であったため、8日間で確認件数が56%も増えたことになる。

関連記事→

サル痘、「国際的に懸念される公衆衛生上の緊急事態」か? なぜ感染が拡大しているのか? そして対策は?